四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

下落、不信は、経済担当者だろう。

何を今頃言っているのだ。
円高、崩落、経済は、ガタガタ、責任は、アメリカではなく。

すべては、今の内閣の方針、経済財務担当大臣の判断ミスではないか。

去年の秋から不安というのがあるのに、景気は、回復兆しとか。
今は、反省の言葉もない。




「大田弘子経済財政担当相は19日、景気の基調判断を「回復はこのところ足踏み状態にある」に下方修正した3月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。生産などの陰りが要因で、内閣府は「踊り場的な状況」と説明した。2002年2月からの景気拡大局面で、踊り場に入るのは3度目。米国経済の減速、原油高、円高など不安材料を抱え、日本経済は正念場を迎えた。

 2カ月連続の下方修正は、2004年11、12月以来。2月の判断は「このところ回復が弱くなっている」だった。

 生産の判断は「横ばいとなっている」で「増勢が鈍化している」から2カ月連続で下方修正。1月の鉱工業生産指数が、電子部品の減少などで前月比で2・2%低下したことなどを反映した。

 企業収益は「弱含みとなっている」で、3カ月ぶりに下方修正。原油高によるコスト増が、中小企業の収益を圧迫したことを重くみた。

 設備投資は「おおむね横ばいとなっている」で、3カ月ぶりに下方修正した。
政府は2月、基調判断を1年3カ月ぶりに下方修正していた。」



この大臣は、首がいい。
経済政策、してないのだから。
財務大臣と経済財政担当相が今の経済の酷さの張本人である。

解任しないと、恐慌に成っていくのではないか。
アメリカは、助かるが日本から外国資本が消えるのではないか。

すべては、福田政権の過ちであると思う。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-03-19 19:06 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2