四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

軽自動車の時代は、続くのか。

国内、海外は、軽自動車が、中心かもしれない。
今後は、軽自動車のない車会社は、売れないのかもしれない。



「ホンダは三重県四日市市に約500億円を投じて軽自動車の新工場を建設する。2010年に年産能力24万台のラインの稼働をめざす。軽自動車で国内3位の同社は、新工場でエンジンや主要部品を一貫生産するほか自動化ラインを導入して製造コストを3割程度削減。1、2位のダイハツ工業とスズキを追撃する。低コスト量産の「モデル工場」と位置づけ、将来は生産技術を新興国向け小型車に生かしていく。ガソリン価格高騰や新興市場の成長を背景に小型車競争が激化しそうだ。

 ホンダが軽自動車生産を委託している子会社、八千代工業の四日市製作所(四日市市)の隣接地に建設する。09年にエンジン工場を、10年をメドに完成車工場を稼働させる。八千代が運営し、現行の軽自動車ラインから主力車の生産を全面移管する。当面の生産能力はほぼ変わらない」


本腰をいれて、軽自動車を売るのだろう。
今後は、自動車は、軽自動車中心で、売れるのだろう。
今も、将来も。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-03-10 04:41 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2