四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

昔も復元は、可能なのか。技術があると。

昔の姿を復元は、名工が居たからだろう。


「法隆寺(奈良県斑鳩町)に残る飛鳥時代の国宝「玉虫厨(ず)子(し)」を当初の姿によみがえらせた「復刻版」と新たな「平成型」の2点が、昨年亡くなった岐阜県高山市の実業家の遺志によって完成し、1日、復刻版が同寺に奉納された。20日~6月末に開かれる秘宝展で展示する。

 玉虫厨子は仏像などを安置する仏具。いずれも実物と同じヒノキ製で、高さ約2・31メートル、幅約1・36メートル、奥行き約1・19メートルのほぼ原寸大。

 復刻版の台座部分には漆絵の仏画が描かれ、透かし彫り金具下にタマムシの羽約6600枚が敷かれている。平成型は高蒔絵(まきえ)の技法などを施した芸術品で、タマムシの羽約3万6000枚を使った。

 高山市の故中田金太さんが同寺を訪れた際に実物を見て、約1300年前の輝きを再現して現在の匠の技を伝えようと決心し、各地の匠が協力。設計と木工は高山市、塗り・蒔絵は石川県輪島市、金具は京都市の職人らが担当し、平成16年から3年かけて2点を完成させた。中田さんは完成前の昨年6月、76歳で死去した」

善く、作ったものだ。
最後の作品みたいなものだ。
飛鳥時代の技術は、今も生きているのか。
凄い事だ。
c0094071_20531825.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2008-03-01 20:53 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2