四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

惨めだ、芸能人の晩年、中年は。

芸能人も、借金があると、惨めだ。
仕事など、中年、老年には、ないのだろう。
若い時に、演技力、役者を心掛けていたら。

司会者も、イメージが悪いと、使えない。


「タレント、岸部シロー(58)が、自身のブログ「岸部四郎の四郎マンション」で、全財産わずか1万3000円で新年を迎えていたことを明らかにした。

 岸部は7日のブログで「年末に出演した番組のギャラがまだ入ってなかったこともあって、年が明けたときの全財産は1万3000円」と赤裸々に告白。続けて「そのころみた夢の中では僕はゴキブリ集団の先導をしていて、僕の行くとこ行くとこにゴキブリたちがついてきた」などと、自嘲気味に貧乏談をつづっている。

 同ブログは06年5月に開設。当初は、その名のとおり住まいに関する話題が多かったが、07年4月に12年間連れ添った妻、小緒理(さおり)さん=享年(43)=を心不全で亡くしてからは、「年末にかけて、なんにも仕事が入ってないよ」「家の中の整理をしていたら、彼女のお財布から1万円が出てきて、助かったよ」などと暗い話題が増え始めた。そのあまりに「後ろ向き」な内容ゆえに、励ましのコメントを寄せる人が後を絶たず、現在では隠れた人気芸能人ブログのひとつとなっている。」


お笑いのタレント、タレントの女性も、いずれは、惨めな、生活が待っているのかもしれない。
変な金持ちの人と、結婚すると、決まって晩年は、借金の生活で、芸能界復帰だが、
仕事がないというのが女優、俳優、タレントの成れの果て。
考えさせられる。

テレビも、今は、色々番組も、変っていくことだ。
テレビより、インターネットの映像で、仕事することが、芸能人の生き残る方法かもしれない。
テレビも、視聴率が悪いのが、すべて、芸能人の食えなくなる前兆。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-02-13 06:55 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2