四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

悪い事は、しない。

名言、珍言。

「升を以て石を量る。」
                                  
 『淮南子』(えなんじ)
(中国の思想書)
                                  
一升ますで一石の量を量る、
つまり小さな基準で大きなものを量ると誤差が多く出てしまう。
このことから、小人物の狭い心で大人物の心を推し量るのは
無理だというたとえ。


勝手な解釈
枡は、枡「ます」。石は、枡ではかるものではない。
はかっても無駄。正しい事もできない。

人は、才能がある。教えても、解からない人は、解からない。
解かる人は、教えなくても、自分で学ぶ。
石は、何で計るか、それは、石を知らない人は、はかれない。

人は、人を見て、判断することだ。

====================
名言、珍言。

「 ある行いをした後で、
悩まされ、眼に涙をためて泣き叫ぶ。
そのような報いを受ける行為は、してはならない。」

「ダンマパダ」

勝手な解釈
報いは、必ずあるものだ。
人生には、悪い事すると、命が終わるまでに、清算する。
不思議な事ではない、当たり前の此の世である。
いい食べ物食べていれば、病気になり死ぬ。
平清盛、豊臣秀吉、武田信玄、上杉謙信、徳川家康、
すべては、晩年は、病気で死んだ。
武田信玄は、京に行くところで、病死。

家康は、天婦羅、食べ過ぎて、死んだという。

悪い事していれば、報いがあるものだ。
晩年の惨めな死に方は、報い。
悪い事は、何時かは、ばれるものだ。


石原真理子さんの暴露本も、報いがあるのだろう。
関係した事務所、俳優。
本人も、悪い事していたのだろう。
報いは、あるものだ。
=========================
名言、珍言

「自己嫌悪がないといふ事は
其人が自己を熱愛することのない証拠である。」
                            
志賀 直哉

大正・昭和期の小説家で、
『城の崎にて』『和解』『暗夜行路』などの作品で有名。


勝手な解釈
自己嫌悪がない、反省、悔い、失敗がない者は、
成長もなく、自分を知らない、好きではなく、
自殺するものだろう。
自分の苦悩は、自分で解決して初めて、生かされるものだ。
他人が、どうだろうと、すべて、自分で考え、自分で解決するしかない。
できないものは、去ることだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2006-12-09 09:08 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2