四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

行為と心情

名言、珍言。 

「長いこと考え込んでいるものが、
 いつも最善のものを選ぶわけではない。」

                          
 ゲーテ


勝手な解釈
いくら、考えても、先は、好転しない。
問題は、判断が遅れると、また、過ちが増大。
人は、考えるのはいいが、判断は、妙単位。
何する、できない、その瞬間に生きているのが現実。
どちらの道に行くと、考えいると、解らないで、停滞して、自滅。
判断は、最後は、自分の心情、信念、行為である。
============

名言、珍言。

「この道を行けば どうなるものか
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
踏み出せば その一足が道となり その一足が道となる
 迷わず行けよ 行けば分かるさ」

                          一休 宗純

勝手な解釈
行かない、行く。
しかし、人は、生きているが、行くしかない。
停滞、怠慢していると、行くも忘れ、批判と、妬みしかない。
人に文句いうのは、最後は、自分の災難が降りかかること、覚悟。
軽率に、人の批判で最後は、自分の批判で破滅する。
不倫しているから不倫の事が詳しい。
不正しているから、不正の事が詳しいから、批判。
それが自分に帰っていく。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-11-15 02:12 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2