四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

自分の始末

名言、珍言。

「あちこち旅をしてまわっても、自分自身から逃れられるものではない。」


ヘミングウェイ


勝手な解釈
逃げる、逃避ではない。
日々、生きていることに、どうする。
旅も、普通の日々と、変わらない。
何を反省、学ぶか。
それが、日々。夜逃げしても、自分の環境変えても、
変わらないのは、今までの自分の始末。
==========

名言、珍言。

「生は寄なり、死は帰なり」


 =人がこの世に生きているのは、この世に一時的に身を寄せているのであって、死は本来の場所に帰ることである。揚子江を渡ったとき、舟が竜の背中に乗り上げて、同船の客が騒いだが、王はこの言葉を述べて少しも動揺しなかったという。「淮南子・精神訓」


勝手な解釈
生きているは、軌跡、
死ぬは、不運。
現実、死ぬは、天、神の命令と、この世が、消える。
知らないのは、生きているは、幸運と、知るは、死ぬとき。

なぜ、反省して、思考は、反省と、改善しなかったか。
問われるは、死ぬとき、知るのかもしれない。
あるとき、しなかったから死と、思うことの内容に、
日々、試みるしかない。
[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-20 10:28 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2