四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

儀式、儀礼

名言、珍言。

「礼煩わしければ即ち乱る
(れいわずらわしければすなわちみだる) 」

 儀礼の数が多く、こみ入ってくると、
かえって混乱して守られなくなるものである。
礼は出来るだけ簡素な方が良いということ。


勝手な解釈
生き残るは、礼儀、儀礼であり、それが、最後は、
過剰は、反感を買う、最後は、変わっていく。

勝手なもので、継続するも、儀礼、儀式は、別のことと勘違い。
組織でも、儀礼、儀式で、法則ができるか、反感するか。

過労死で死ぬとは、儀式、儀礼では、しなない。
不思議である。
イジメ、搾取で、過労死。

儀式、儀礼、挨拶、は、地獄であり、でも、必要、
生き延びる道かもしれない。
祭礼が一つの例かもしれない。
============

名言、珍言。

「待つは仁、向かうは勇、利乗せは智の得」

 相場でせかさず待つのもよいが、
肝心のチャンスに対して弱気はいけない。
しかし、勇気だけでも効率の高い利はとれない。
積極的に波に乗り、引き時に仕切る。
そうした知略が必要である。


勝手な解釈
利が問われる。
才は、利。
生きているとは、最後は、損失があるかないか。
待つも地獄、向かいの地獄。
利を得るも、地獄。

何をする糧で、利変わるものだ。
待つ、動く、勇気がいるが、しないとも、勇気。
人は、利は、軽率なことでは、難しい。
よく、見るしかない、世の中を。

[PR]
by 2nnn2 | 2016-10-20 03:39 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2