四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

努力かも、平常心は。

名言、珍言。

「平常心を保っていくことができる人は、
上手くいかないことを
「人のせい」にはしません。
「他人が悪いから」でもなく、
「自分が悪いから」でもない
と考えます。

「人のせいにする」のではなく、
もっと現実的に
「上手くいかないのは、
どこに問題があるのか」
ということを考えます。」

(平常心のコツ、植西聰)


勝手な解釈
考えると、人のかかわりで、自分の自滅か、成功か。
つまりは、自分の判断、思考で、人生が変わる。
平常心は、日々の生活で、知る。
同じこと、繰り返すと、習慣になり、それをかえるは、大変こと。
だから、日々の生活に、悪いことしないで、平常心、普通の冷静な生活する。
軽率なことで、自分の死に追いやることが多い。
天変地異、危険な場所に行くも、まず、冷静に見る、それは、
日々の訓練、生活で、すること。

人を助けたいならば、まず、剣道、合気道、空手、学び、そして、
野宿でも、数ヶ月生きる、訓練のできる、兵隊の訓練しないと。
そして、金儲けして、資金、蓄えないと、失敗する。
平常心は、日々の生活で、訓令が必要かもしれない。

戦って、飯、食いたいならば、殺し合いの中に、身を置く、それは、他国軍に入り、行い。
それでも、体力のないのは、無理な話。
タニマチは、本当は、支援者は、苦労して得たものを支援する。
ノーベル賞のように。
国の金で、賞もない。
人を助けるもない。
賞で、売れるように、広告でない。

==============

名言、珍言。

「安物買いの銭失い」


《意味》
安いものを買って得したように思えても、
品が悪く何度も買いかえることになり、結局損をしてしまうこと 。


勝手な解釈
価値が変わるから、二束三文。
二束三文でも、価値は、昔のものと、勘違いすると、使えないで、
損失。

経営も人生も、昔の価値ばかり、考える。
ものの価値、金の価値、これは、経済の原点。
日々、同じ値段で、売れるのは、ありえないものだ。
価値の感覚が、投資と、停滞の失敗になる。
倒産する企業は、勘違いの大量投資、偏った投資。
安いから投資は、自滅していく。
たが、安いのは、別の価値で、売れる。
それが、古着屋の商売、リサイクルの商売、他の分野の経済。
ものは、最期は、使えないと、排気処分である。
其の中に、貴重な鉱物があるものだ。
人も、物も、安い値段になるとき、初めて、無能としる。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-02-06 03:39 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2