四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

コストだろうな。経営体質より。

今頃、更生計画か。
完全倒産していれば、今頃、再生して、
利益の出る、会社になった。


「会社更生手続き中の日本航空(JAL)は2010年4月28日、
東京地裁に提出する予定の更生計画案の骨子を発表した。
大幅な事業のダウンサイジングを中心とした内容で、撤退路線も、当初計画から倍増させた。
特に、国内ではかつては国際空港だった愛知県営名古屋(小牧)空港から撤退することも正式に発表され、
地元記者からは経緯を質す声もあがった。

この日発表された計画によると、
2010年度中に国際線15路線、国内線30路線を廃止し、
08年度比で供給ベースでそれぞれ4割、3割の削減となる。
この大幅な規模縮小で、撤退する拠点も多い。
国際線では、サンパウロ・アムステルダム・ミラノ・ローマ・ブリスベン・デンパサール・コナの7地点、
国内線では、名古屋(小牧)・広島西・札幌(丘珠)・奥尻の4拠点から撤退する。
丘珠、奥尻に乗り入れている北海道エアシステム(HAC)については出資比率を引き下げ、JALグループから外す。
一方、羽田発着の国際線は、10月末に1日5便から14便に拡大。
北東アジア諸国に加えて、
サンフランシスコ、ホノルル、パリ、バンコク線を開設する。
総じて、地方の不採算路線に「大ナタ」をふるう形だ。
大西賢社長は、
「公共交通機関として、地元に生やした『根』を、
自ら抜くことは避けるべきことだが、これを避けての再生は困難」
とし、地域ネットワークを縮小するにあたっての苦渋の思いを述べた。
就航している全9路線が撤退する小牧空港については、
地元自治体は猛反発している。」



開設と、撤退の繰り返しも、幅、持つことは、
経営体質ではなく、
コストを安くできる組織形態になるかだろう。
儲からないのは、コストが、下がれば、利益がでる。
運賃と空港使用料が、交渉、地方行政から援助が必要だろう。
客が、乗らないときは、地域が、補填する。
県、市の支援の金が年間に、出せば、コストも、下がり、
低価格で、運行できる。

全ての廃止のルートは、コスト意識と、対策を地方に要望することが、
一番大切ではないか。
利益のでる経営は、コストである。

カラ飛行機も、荷物でも、積めば、利益がでる。
貨物の中に人が乗るような飛行機が、利益が出る気がする。
貨物の低価格のコストも、対策になる。


全ては、コストである。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-04-30 03:29 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2