四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

学力がないから採用がない、日本の学生は。

クローズアップ現代を見ていると、深刻だ。
日本の学生は、採用されいのは、力がない。
才能がない。
戦力にならないのかもしれない。
大学が問題だろう。
日本人も留学して、学んで、才能出すことが、必要。


「クローズアップ現代」
「シリーズ アジア新戦略
 アジアの“人材”を呼び込め
アジア新戦略2回目は、ヒトに注目する。
アジア展開を進める日本企業がその原動力となる人材の確保に苦慮。
語学ができて現地事情に詳しいアジアからの留学生に期待しているが、
思うように人材を確保できていない。
大学で英語化教育が進んでいるにも関わらず企業は日本語能力や協調性を不可欠としているため、
ミスマッチが起きているのだ。アジアの拠点では、
人材派遣会社などを通じてヘッドハンティングなどリクルート活動に力を入れているが、昇進や給与面で日本人と差をつける企業の人事制度が高い壁になっている。一方、優秀な人材の確保に成果を上げているのが韓国。
イミョンバク政権の全面的な支援のもと大学は寮や奨学金など受け入れ体制を充実させ、企業も英語を社内の共通語にしたり、待遇面でも国籍や人種で差をつけないなど、グローバル化を進めている。優秀な人材をどう確保するか、その戦略を日韓の最前線から考える。」


会議は、英語だという。
管理者になるのは、才能と英語。

学問は、使える研究してないと、企業には、採用されない。
日本の就職難は、日本の学生が、世界の学生より、必要かが落ちることだろう。
遊んでいる学生には、職もない。
自分で学問を研究して、その分野の留学が、日本の学生には、必要なことだ。
遊んでいる学生は、企業は、採用しないことだろう。

海外留学生が、どうして、日本の企業に入らないか、他の国の企業のか、
利益が大きいことだという。
全ては、学生の能力。

英語で、会議が出来ない学生は、将来の職がない。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-04-08 05:06 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2