四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

ずれている裁判。

盲導犬は、育成が大変。
10万円では、
死なせた責任は、育成費用も必要に思う。

正しい。
おかしな裁判である。
育成が必要に思うか。


「視覚障害の男性と盲導犬がトラックにはねられ、盲導犬が即死した事故で、盲導犬を育成し、無償で貸与していた財団法人「中部盲導犬協会」(名古屋市港区)が、
高知県内のトラック運転手と運送会社に計607万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が5日、
名古屋地裁であった。
松田敦子裁判官は「盲導犬は視覚障害者の目の代わりとなり、精神的な支えともなっている。
その価値は白杖(はくじょう)とは明らかに異なり、育成に要した費用をもとに考えるべきだ」として、計294万円の支払いを命じた。

 原告弁護人によると、盲導犬の交通事故をめぐる判決は全国初。また、男性が盲導犬を失い精神的苦痛を被ったとして計220万円の損害賠償を求めた訴訟については、棄却した。

 松田裁判官は盲導犬の価値について、「盲導犬としての特別な技能を付与され、付加価値を得ている」として、「盲導犬は歩行器具にすぎない」とする運転手側の主張を退けた。

 その上で、判決は損害額を検討。同協会の1頭あたりの育成費用(453万円)を踏まえ、盲導犬の平均的な活動期間(10年)から、事故で即死した盲導犬の残りの活動期間を約5年と算出した。

 判決によると、事故は2005年9月26日午前10時ごろ、
静岡県吉田町の交差点で、近くに住む視覚障害の熊沢尚(たかし)さん(74)と、ラブラドルレトリバーの盲導犬「サフィー」(当時6)が右折してきたトラックにはねられた。熊沢さんは頭などに重傷、サフィーは即死した。

 同協会は盲導犬の特殊性と希少性を主張。
一方、運転手側は同犬種の子犬の価格(10万円)など計20万円が損害と反論していた」



犬の育成は、大変なこと、知るべきだ。
一度、盲導犬の育成の体験をすることだろう。

今後、裁判で、反論するより、育成に、金出すことが必要だ。
違うかな。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-03-05 18:25 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2