四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

今後は、どんな倒産か。

「埼玉」 医療法人社団双樹会(資産の総額3億906万2275円、さいたま市岩槻区慈恩寺88、登記面=さいたま市岩槻区本丸3-23-8、理事長宗像克治氏、従業員168名)は、1月8日付で事後処理を豊﨑寿昌弁護士(東京都中央区八丁堀1-5-2、電話03-5566-6371)ほかに一任。自己破産申請を視野に債務整理に着手した。

 当法人は、1991年(平成3年)10月に「岩槻脳神経外科」(現「双樹クリニック」)の院名で脳
倒産の時代。
病院も、負債で、倒産か。
今年は、解らない。
どんな倒産があるか。




「外科専門医院を創業、97年(平成9年)9月に法人改組、2000年には別途「双樹記念病院」(現「岩槻脳神経外科病院」)を開設した。「岩槻脳神経外科病院」は総合外来、脳神経外科、内科、整形外科、循環器科、呼吸器科などを診療科目とする脳外科専門病院で、ベッド数80床を有し、「双樹クリニック」は同様に脳神経外科のほか消化器科、精神科、眼科などの診療科目を有していた。地元さいたま市岩槻区では知名度のある医療機関として多くの患者を確保し、県内の大学や医療施設との提携も積極的に行い診療科目の拡大を図るなど徐々に業容を拡大。2006年7月期には年収入高約18億3000万円をあげていた。

 しかし、この間の2005年には千葉県の医療法人を買収、また「岩槻脳神経外科病院」の開設もあって借入金が年収に匹敵する水準に膨らむなど、資金繰りは厳しい状況に置かれていた。近年も地元を中心に患者数は確保し、2008年7月期には年収入高約19億6800万円をあげていたものの、金利負担や償却負担などが重く約4300万円の最終赤字を計上、収益面でも苦しさが増していた。2009年に入ってからはさらに資金繰りが悪化し、同年秋頃からは看護師らの給与未払いや保険料納付の遅れなどが表面化し、信用不安が増大。2010年1月初旬には病院経営の継続が困難になったとして、一時閉院を表明するなど動向が注目されていた。

 負債は推定30億円。なお、「岩槻脳神経外科病院」および「双樹クリニック」ともに、1月20日までは通常運営するとしている。」




一月からどんな倒産があるか、今後、庶民に影響するのは、
知らないうちに、廃墟になるのだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-01-21 05:20 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2