四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ
名言、珍言。

勝つといえども驕るなかれ、
敗れるといえども怖るべからず。


                      
(上杉 謙信 戦国大名)

勝手な解釈
人、一族が、滅びるは、
必ず、驕る、そして、怖れる。
この行為が、破滅していく。
経験は、必要だ。
勝利も、敗北も、最後は、何を学んで、
生きているか。
勝者、敗者もない。
後々、生き方が、一族の維持かもしれない。

欲、捨てるは、難しい。
怖がることは、難しい。
それでも、試みることしかない。
失敗したら、勝者になると、無欲と、試みるしかない。
===========
名言、珍言。

「もっとも謙虚な人々でも
乗り越えることができない障害というものは
ほとんど存在しない」
                      
ソロー(思想家)

けん‐きょ【謙虚】の意味

意味
[名・形動]控え目で、つつましいこと。へりくだって、
すなおに相手の意見などを受け入れること。
また、そのさま。「謙虚な態度」「謙虚に反省する」

勝手な解釈
受け入れ。事は、自分の我をとうさない。
生きているとは、受け入れることとから、始まるのかもしれない。
人は、差別するのは、好みがあるというが、
現実は、事は、自分の見舞ったことは、受け入れる、
そして、打開策を見出す。
そうすれば、苦悩も、勘違いの失敗もない。
この世は、生まれたら、謙虚になるしかない。




[PR]
# by 2nnn2 | 2017-12-12 02:06 | 名言、珍言

目先では。

名言、珍言。

「未来に向き合うにはふたつの方法がある。
ひとつは心配、もうひとつは期待だ。」


                    ジム・ローン

勝手な解釈
何するも、期待、希望がいなと、生きれない。
心配は、失敗の後の始末かもしれない。
物事は、進のは、行為は、何しないでも、時間で、変わっていく。
期待するとは、するしかない。

=========

名言、珍言。

「覆水盆に返らず
(ふくすいぼんにかえらず) 」

【意味】
覆水盆に返らずとは、いったん離縁した夫婦の仲は元に戻らないことのたとえ。
転じて、一度してしまった失敗は取り返しがつかないということのたとえ。

【覆水盆に返らずの解説】
【注釈】
周の太公望は、若い頃貧乏なのに働かず読書ばかりしていたので、
妻は愛想を尽かし出て行った。
後に太公望が出世して高位につくと、出て行った妻が復縁を求めてきたが、
そのとき太公望は盆の水をこぼして
「この水を元に戻せたら復縁に応じよう」と言ったという故事に基づく。
「覆水」とは、こぼれた水のこと。

勝手な解釈
人は、判断するも、後々、影響する。
戻ることは、できない、昔のように。
一度、起きたことは、戻せない。
それ知るのは、犯罪者は、あの時の過ち。
成功者は、ある時に自重か、判断。
それが後々、影響する。

目先の損得で、動くと、自滅するものだ。
この話は、子供がいると、また、変わることだ。
財産は、子供が得る、名誉も、子孫に影響。
女性は、子供がいるで、また、後々、あるのかもしれない。

[PR]
# by 2nnn2 | 2017-12-11 04:10 | 名言、珍言

自分のため

名言、珍言。

「友人はあなたのためでなく、
自分の利益のために忠告する。」


トルコの諺


勝手な解釈
考えると、人のためというが、自分のためになる。
バカも、賢くすると、自分も賢くなる。
自分が、バカだと、他人のバカ。
人の利益いうと自分も、余録がある。
人は、自分のこと、言ってないが、現実は、自分の戻るものだ。
バカの天才になる、成功するも、
本当は、自分のことより、他人の事を思うから。

===========

名言、珍言。

開拓精神によって自ら新しい世界に挑み、
失敗、反省、勇気という3つの道具を繰り返し使うことによってのみ、
最後の成功という結果に達することができる。」
                  
本田宗一郎(本田技研創業者)


勝手な解釈
失敗、反省、勇気。
事は、経過で、知る。
学んでいるとは、復習と、対策しかない。
事は、どうなるか、失敗して、何をする。
そして、欠点、敗因の原因は、それ知らないと、
何一つ、ない。繰り返するばかり。
何を反省したか、それも知らないで、勇気もない。

人は、転んだり、起きるが、起きるために、何をする。
そして、どこに歩く。

[PR]
# by 2nnn2 | 2017-12-09 03:47 | 名言、珍言

判断が人生

名言、珍言。

「現実の過程で2度同じことが起こることはない。
再び似たような機会に出会うだけである。」
           

 スザンヌ・K・ランガー(哲学者)


勝手な解釈
二度とない。
今の現実。
今出来事、似たようなことはあるが。
日々、毎日が新鮮なこと。
予測は、できるのか、できないのか。
二度と、ないと思う。
判断は、人生。

========

名言、珍言。

「良心は、決して私たちを裏切ることはなく、

  人類の真のガイドである。

 良心と魂との関係は、本能と体との関係に等しい。

  良心に従う者は誰もが、

   人間本来の性質に沿った道をたどるのであり、

    誤りへと導かれるのを心配する必要はない。」

              <ジャン=ジャック・ルソー>

勝手な解釈
良心は、何か。
問われるのが人の過ちのなれの果て。
人から見られて、なにをしているか。
結局最後は、自分の生い立ちと、心情。
良心だろう。


[PR]
# by 2nnn2 | 2017-12-07 03:31 | 名言、珍言

知る、底辺だと、

名言、珍言。

「知性による発見は人類共有の遺産だが、
性格の長所や短所はそれぞれの国民が継承する特有の遺産である。
それは何世紀にもわたって日夜、海水で洗われ、
ようやく表面の粗さがとれた固い岩のようなものである」


新渡戸稲造


勝手な解釈
知性、問われるは、自分ではなく、知ることで、
一族、子孫に影響する。
人は、知性がないと、崩壊するものだ。
知る そして、その後、残っているのが、
知性。



=========
名言、珍言。

「剣は天国の鍵でもあれば、地獄の鍵でもある」


新渡戸稲造


勝手な解釈
破滅の人生は、決まって、地獄になること、
知らない。
いい思う、権力、地位得ると、必ず、逆に、地獄になること、
あるものだ。
庶民は、いつまでも、底辺で、見ているから、地獄にならない。

[PR]
# by 2nnn2 | 2017-12-06 04:47 | 名言、珍言

間違いを

名言、珍言。

「もし最後の結果が良ければ、
私に浴びせられた非難などは全く問題ではない。
ただし、最後の結果が悪ければ、
たとえ十人の天使が私を弁護してくれたところで、
何の役にも立ちはしない。」


          (エイブラハム・リンカーン 第16代アメリカ大統領)

勝手な解釈
最後は、分からないでは、失敗では、何一つ得ない。
人生は、勝ち負けは、最後の死ぬまで、分からない。
知る、知らないで、人生が終わるかで、
何をしたと、この世で。

最後の自分の結果は、何を失敗して、得た、そして、
間違いをしないで、生きたか。

=============

名言、珍言。

渇しても盗泉の水を飲まず、熱しても悪木の陰に息わず。」


                 
(陸機 中国の文学者「猛虎行」より)

勝手な解釈
汚い金を得ると、人生おわる。
賄賂貰うと、言いなりの関係になる。
才能もないのが、地位にいると、必ず、悪事のある下に、付いているものだ。
自分で、探して、得るそして、使うのが、正しい生き方。

タダ酒、寄生虫の人生ほど、怖いものはない。
本体が、死ぬと、自分の消えるのだ。
自立して、自分で、稼ぐしかない。


[PR]
# by 2nnn2 | 2017-12-05 04:49 | 名言、珍言

蓄積

名言、珍言。

「積土成山(せきどせいざん)」

●意味:少しの土でも、積み上げていけばやがては山になることから、
人も努力を積み重ねていけば、
やがて大成することのたとえ。


勝手な解釈
知らないと、なにもない。
知ると、少しでも、できると、その応用で、まだ、多くのことができる。
人も、土も、自然の中で、蓄積した行為が、必要と、流されると、
何一つ、残らない。

人生は、世の中の流れみて、
貯めていく行為が、生き残る道かもしれない。
蓄積したものに、しる、知恵を得て、蓄積するしかない。

==========

名言、珍言。

「幸せでありたいというのか。

           まず苦悩することを覚えよ。」


                 ツルゲーネフ

勝手な解釈
バカは、なぜ、バカで、生きれるか。
そそれは、苦悩をしるから、そして、忍耐しるから、
幸福の意味が、解る。
成功者は、今に、苦悩知ると、立ち直るのが、難しいかもしれない。
知るは、速い方が、いい。
苦悩。



[PR]
# by 2nnn2 | 2017-12-04 02:10 | 名言、珍言

明日は、明日考える

名言、珍言。

「その日その日が一年中の最善の日である。」

                    
 エマソン

勝手な解釈
バカでも、生きれるは、考えない。
今生きている、そして、明日は、分からないから、
今日、なんとか、暮らす。
それでいい。
深く、数年先、明日考えると、バカは、生きれないのだ。
賢い人は、先、考えて、死ぬ。

バカで行こうぜ、所詮、明日は、明日考える。

============

名言、珍言。

「小利を見れば即ち大事成らず
(しょうり をみれば すなわちだいじならず)」

孔子

意味
目先の小さな利益にとらわれると、大きな仕事はできない
小利は小さな利益。目先のことだけでなく、
ものごとの全体を見よ、という意味
この言葉の前には「速やかならんを欲すればすなわち達せず」とあり、
これは「早く成果を出そうとあせっては物事を誤る」という訳になります。

勝手な解釈
誤魔化しでは、消える。
現実は、先、全体をみて、行くしかない。
人に金出す、貰うで、先が、自分の何か、富が舞い込むか、災難があるか。
この違いは、目先で、考えるから、起きる。
目先の損得で、行くと、破滅するものだ。

賄賂、不正すれば、また、余禄か、不正が、始まる。


[PR]
# by 2nnn2 | 2017-12-01 03:28 | 名言、珍言

善人は、ない。

名言、珍言。


「恋の迷路へは、「何処から入ってもよい」のである。」

池上正太郎

勝手な解釈

人の恋は、解らない、自分の恋も解らない。

どれかいいのか、勝手なこと。

勘違いと、場所もない。

出会いと、勘違いで始まるが最後も始末は、自分。


===========

名言、珍言。

「人間というやつ、遊びながらはたらく生きものさ。
善事をおこないつつ、知らないうちに悪事をやってのける。
悪事をはたらきつつ、知らず識(し)らずに善事をたのしむ。」

池上正太郎

勝手な解釈

人は、勘違い、偉いから、才能、富があると思う。

現実は、善と悪をしているものだ。

それ知らないで、善人、善人と思うか、

悪人ではないと、弁解するのか。

知らずに、善、悪、楽しんでいるのかもしれない。

悪い事、考えるのと、善するのは、両方あること、知ること。


[PR]
# by 2nnn2 | 2017-11-28 04:10 | 名言、珍言

見ているも、

名言、珍言。

「最低の犯罪者とは、
 間違ったものを目にし、
それが間違っていることに
 気づいたにもかかわらず、
そこから
目を背けてしまう人たちだ。」

              <ボブ・ディラン>

勝手な解釈
間違ったら、どうする。
自分の間違ったらてなく、人が、間違ったら、
みて、いるしかない。
破滅していくは、前兆がある。
怠慢、傲慢、成功した自負。
先は、興奮の継続信じているから、破滅。
興奮が、続かないのか、現実。
偏見が、現実と、普通の思考が、大切。



相撲界の暴力事件は、問題だろう。
暴力の組織なのだ。
誰か考えても、横綱三人もいて、暴力する。
よくもまう、平然と、ビール瓶だ、殴ってない、だ。
見ている人も、同罪。
なぜ、病院に、宴会した全員で、連れていかないのか。
リンチ事件に見える。

鳥取は、救急病院がないのか。
不思議なことだ。
酷い県なのかもしれない。
暴力事件は、犯罪だろう。
見て、平然として、本場所に出る、何か、膿みだすだ。
横綱三人の首が、膿みだすことだ。

一般の人、芸能人が、暴力事件起こすと、数年間、裁判が、判断まで、
浪人。
相撲ができるのが不思議だ。
高校の相撲、大学の相撲だって、暴力事件で、閉鎖。

他のスポーツも。

スポーツ庁も、決断することだ、国の支援から外す。
===========

名言、珍言。

「失われうるものを富と呼んではならない。
徳こそ本当のわれわれの財産で、
それを所有する人の本当の褒美なのである。」


           (レオナルド・ダ・ヴィンチ イタリアの芸術家)


勝手な解釈
徳。
この世は、資産ではない。
死んだら何一つ、彼の世に持っていけない。
不思議なのは、残るとは、徳か。
何していたという証拠。

残るのは、自分の体でなく、
何をしたと、成果かもしれない。
絵が、今だ、残っている。
人が死んでも、絵が残る。
時代を超えて、名画は、残る。
不正では、できない。



[PR]
# by 2nnn2 | 2017-11-27 04:20 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2